忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いや〜巷は武道館で盛り上がってるようで。
いいですな〜。
なんかいろいろと面白シーンがあるようで。
(そんなんでいいのか?)
俺は仕事なんで行ってないんすけど。

客のマナーについて、いろいろな声が聞かれます。
大声で歌うな!とか、暴れるな!とか、子供連れてくるな!とか
臭い!とか。
確かに、お前いい加減にしろよ、と言いたくなるヤツもいます。
でもこういうのって、ライブによっては許される行動と、
どこへ行っても許されない行動の二通りあると思うんですよ。
モッシュとかダイブとか当たり前のライブもあるわけで、
そんなところでぶつかってくるなとか言ってらんないわけです。
しかし、そういう感覚を、それが許されない場に持ち込んでしまえば、
これはただの大迷惑ヤロウになってしまいます。
臭いなんて言ってられないライブもあります。
♂のニオイです。窒息上等です。
どことは言いませんが。
(ヒント=♂)
ま、要するに、場をわきまえろ、空気読め、ということです。
その辺、混同しているんじゃないの?と言いたくなる時があります。

王子様がムード満点にバラードを歌い上げている時に、
どこからか音痴のダミ声が響いてきたらどうですか?
ジャイアンは歌うなと。
のび太のくせに!と言われても困ります。
のび太じゃないし。
たとえ音痴じゃなくても同じです。
あんたのライブじゃないんです。
綺麗な生ギターの音色が響いている時に、
ベラベラとデカイ声の雑談がかぶってきたらどうですか?
井戸端会議なら井戸端でやれと。
井戸ないけど。

独自の振り付けはいいんです。
見てても結構面白いし(笑)。
ですけど、長い髪を連獅子の如くブンブン振り回すのは困ります。
お前は新春オールスター隠し芸大会かと。
橋田壽賀子だけが9点出すぞ。いいぞ!いいぞ!西軍!
あ、だからね、ピシピシ当たって痛いんです。
そういう趣味ないですし(?
踊りまくってぶつかってきても知らんぷり、
挙げたコブシで他人を殴っても平然、
他人の荷物を踏みつぶして花道に殺到しても平気な顔。
それで謝る人はまだいいんです。
全く気にしない無神経・鈍感人間もいます。
そういうのはマナー以前の問題です。

子供同伴。
これに関しては、俺は全面的に反対です。
うちの子はおとなしいから、と言う人もいます。
子供もファンだから、という人もいます。
確かに、おとなしく、時には踊ったりステージに手を振ったりする子供を見て、
微笑ましく思うこともあります。
しかし、逆に、完全に飽きてしまってぐずっている子供や、
走り回る子供、泣き出す子供、まわりの客を蹴飛ばす子供、
また、そんな子供を完全放置の非常識な親がいることも確かです。
子供の性格や行動で、この子はOK、この子はダメ、
と明確な線引きが出来ない以上、
これはもう全面的に入場お断りしかないと思います。
せめて、未就学児童の入場は禁止すべきだと思います。
実際、そうなっているコンサートもあります。
でもアルフィーの場合、メンバーの意向として
そういう制限はしたくないという考えがあるのでしょう。
そこが難しいところです。
子供の耳に悪影響が…とか、夜遅くまで子供を連れ回すのは…とかは
別にいいんです。
冷たいようですけど、あんたの子供なんですから知ったこっちゃありません。
ただ、他人に迷惑をかけるな!ということです。

今まで400本以上、様々なアーティストのライブを見てきましたが、
どこへ行っても迷惑ちゃんはいるし、
文句を言ってもラチがあかない人もいるものです。
(こういう場なのでオブラートに包んでますが…察してください)
実際、トラブルに巻き込まれたことも一度や二度ではありません。
残念ながら、こういう問題はいくら常識を叫んでもなくならないでしょう。
様々な人間が閉鎖された空間に何千、何万と集まるわけで、
そうなれば全てが平和とはいきません。
もちろん、少しでも減らそうとする行動は否定しませんが…。
毎回、気持ちよく楽しめるコンサートになるように祈るだけです。

もちろん、自分自身も気を付けたいと思います。
現に、口パクしていたつもりでも、
大きめの声が出てしまうこともたまにあったりするので。
(すんません。ジャイアンです。)

「前にデカイ男がいて全然見えなかった〜」
こればっかりは。
ずっと中腰ではいられないのでご容赦を…。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 
雷雨から奇跡の雨上がりの12日と 時折心地よい風が吹き抜ける13日 高見沢さんは転んだり、エンジェルギターにアッパーを食らい 桜井さんも危うく転倒を持ち前のバランス感覚で回避しながら 25回目の壮大な夏イベントは無事に大成功で終了しました。 私は直前まで何やら忙しかったけど、待ちに待った夏イベント。 楽しいはずだったのに・・・ 12日は山の手線が落雷のため、運行中止。その他の線も遅延。 予定よりも1時間近くかかって赤レンガパークに到着。 お目当てだったイベント・グッズ(携帯トート)の12日分予定枚数終了・・ 開演10分前にCブロックの席に就く。 私の席の少し前にパパ、ママ、小学生のお子さん2人のファミリー参加者がいらして、 お子さんはそれぞれにタオルやバングルを首からぶら下げたり腕にはめ、 キラキラ・チケットをフル稼働させて準備万端。 微笑ましく眺めていたら、開演直前に私のお隣の席の人到着。 あり得ない!! 母一人、幼児2人。 嫌〜な予感的中。 小さい方のお子さんをずっと抱っこされていても、 もう一人の上のお子さんはお母さんの足元や両隣も含めた椅子で3時間しゃべりっぱなし、動きっぱなし。 育児真っ只中のお母さんはそんな子供さんの雑音に慣れっこなのでしょう、 小さい方のお子さんを抱っこしたままステージに熱中されていました。 抱っこされたお子さんが時折足をバタバタさせ、私に当たっても気づかれるはずもなく。 もう一人は「見えない。」、「まだ?」、「お腹すいた」、「おしっこ」と駄々をこねても無視。 聞こえていない? 「おしっこ」??! 私の椅子の方にまで占領されて、立っている私の後ろでモゾモゾと「おしっこ」と言い続けられれば 気が気ではありませんでした。 休憩中にトイレに行かれたようですが・・・ 最後は「お腹すいた!」の連発でした。 何が行われているか理解できない小さな子供に3時間おとなしくしてなさいというのは 酷。 ほとんど虐待・・・ 母親の無謀さ、コンサートマナーのなさに、私は非常に不愉快な想いをさせられました。 13日(Jブロック) よりによってまた、隣の席はお子さん同伴の方でした。 このお母さんは通路を自由にさせていましたが、お子さんは「見えない」の連発! Jブロックとなれば、大人だって見えません。 モニターもずっと前の方だし、雰囲気を楽しむのよ・・と、答えても小さな子供に伝わるはずもなく・・ 通路を自由に動き回りながも、退屈で駄々をこねるお子さんをなだめるお母さんの声は、 お子さんに聞こえるように大きく、彼女のコンサートマナーも皆無でした。 Jブロック後方へは風に乗ってかすかに聞こえて来るアカペラの「星空のディスタンス」・・ 私は耳をすませ、桜井さんの美声に酔って幸せな気分を味わおうと思っていたのに、 子供はおかまいなしにしゃべり続け、 アンプから流れる音楽を途絶えたのに気づき、「終わったよ。帰ろう!」・・ もしも、コンサートの間の数時間 子供を預かってもらう手配が取れなければ 残念ながらお母さんもお子さんとお留守番を覚悟して欲しいです。 パパに預かってもらうはずだったのに、仕事が入っちゃったみたいで・・ だったら、残念ながらママも子供とお留守番。 パパは忙しくなっちゃったけど、ママ続行はマナー違反! または・・ これからの夏イベントなどでは「ファミリー席」という一角を設けてもらえたらな。 そこの座席のチケットが取れなかった場合は、未就学児同伴の入場は諦めて頂く。 「未就学児入場不可」というコンサートも多いのだし、 アルフィーもそう決めて頂きたいな。 私はまだ短いアルフィー・ライブ参加の経験で、お子ちゃまの隣席になったことが すでに何回か・・ 昨年末の武道館でも。 ステージの上のメンバー達はまだ「かわいらしい」部分はあっても、 アルフィーは、基本的に大人のコンサートだと思う。 未就学児が近くにいては、「非現実」を楽しみ、開放的な気分で盛り上がれません。 たとえよその子でも、お腹すいていたり、おしっこに行きたいと訴えているのに 知らん顔して拳上げ続けられないよ! せめて、せめて・・ 大人一人にチケットなしで入場できる子供の数は一人までと制限して頂きたいものです。 残念ながら、私にとってはやりきれない25回目の夏イベントになってしまいました。 *未就学児のコンサート入場反対派のブログ見つけました 「場をわきまえるということ」
 

カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

コロプラ

位置ゲーのパイオニア
「コロニーな生活☆PLUS」


 

THE ALFEE NEWS

 

現在の閲覧者は?

 

カウンター

 

プロフィール

HN:
OZMA
年齢:
51
HP:
性別:
男性
誕生日:
1965/01/29
職業:
カッターと両面テープ → 時代の流れでMacいじり
自己紹介:
墨田に生まれ松戸で育ち、幸手でウダウダして横浜に辿り着く。アルフィーファン歴31年、中抜け12年。

 

バーコード

 

BLOG SCOUTER

 

アクセス解析